高橋政代さんが、

アメリカのネイチャー誌による

来年注目の一人に選出されました!!

どんな人で、

何をやってて注目なのか!?

分かりやすく解説してみたいと思います!!

 

scn13121816380001-p1

 

高橋さんは理化学研究所、再生科学総合研究センター

のプロジェクトリーダーをやっている人です。

 

何だかもう難しい感じですよね・・・w

 

理化学研究所、略して理研(リケン)とは?

物理、化学、工学、生物学、医科学など、

多岐に渡る各分野の、基礎から応用研究までを行っている

日本で唯一の自然科学の総合的な研究所となります!

 

Riken_HQ_Main_Research_Building

 

では、高橋さん、

何の研究をしているのかと言うと?

 

“加齢黄斑変性”の患者に対して、

患者から取りだしたIPS細胞、いわゆる万能細胞から

「網膜色素上皮細胞」を作り出し、患者に移植するという、

世界でも初の試みとなる臨床研究を行っているというのです。

 

080229_02

 

来年の2014年に、

初の人体での実際の移植を行うとのことで、

ネイチャー誌は来年の注目の一人に挙げたのですね!

 

では、

“加齢黄斑変性”とはどんな病気なんでしょうか!?

名の通り、加齢に伴って起こる目の病気で、

目の網膜にある黄斑が変性。

それにより、見え方に歪みという変化が生じ、

徐々にその歪みが増していき、眼底出血を引き起こし、

視力の低下・・・、しかも急激に・・・!

最悪は失明に至るという病気なのです・・・(;_;)

 

加齢に伴う病気ですから、もちろん高齢者に多く、

男性の方が女性よりも3倍の発症数と言われています。

アメリカでは、中途失明者の原因で、第1位となっており、

患者数は世界的に見ても増加の一途を辿っている病気なんです。

 

現在、高橋さんは来年の移植に向けて患者さんを募集中で、

2014年の夏頃の移植を目指している所らしいです!

 

 

WS000005

 

この移植が成功すれば、

また日本人にIPS関連のノーベル賞がもたらされる可能性は高いですよね。

それくらい、臨床的には“難病”とされてきたこの「加齢黄斑変性」ですから、

革命的な治療法となるでしょうね!!www

 

今後の展開から目が離せません!!

 

コチラの記事もあわせてどうぞ!

    None Found