少女時代、そのミュージックビデオ、

「I got a boy」が、

YouTubeの“ビデオ・オブ・ザ・イヤー”に輝きました!!

やっぱり人気あるんですね!

韓流、K-POPは最近の嫌韓ブームに押され

かつての勢いは無くなっているようですが、

それでも、世界での人気はまだまだあるようですよ!?

その魅力、現在の姿など、ちょっとみてみたいですよね?www

そのビデオオブザイヤーに選ばれたビデオもみてみましょう!!

 

少女時代_I Got a Boy_ジャケ

 

11月3日、少女時代が

YouTubeの第1回音楽賞で、

あのレディー・ガガやジャスティン・ビーバーなどを

押しのけてビデオ・オブ・ザイヤーに選ばれるという快挙を

成し遂げたというニュースが入って来ました!!

 

まぁ、去年の2012年もpsy(サイ)がYouTube再生回数1億回

を突破するなど、何かと話題になりましたよね、K-POP・・・。

 

 

K-POPの戦略は、

こういった

YouTubeやSNSなどのソーシャルメディアの利用です。

それを巧みに使い、今やアジアから世界に羽ばたいていると言っても

過言ではありません。

 

その背景には、2009年から韓国政府が

コンテンツ産業に国家予算を投資し、

K-POPなどに力を入れてきた賜物なのかも知れませんね。

 

国を挙げてのプロジェクトだった訳で、

それが花開いた格好なのでしょうか。

 

ただ、YouTube音楽賞に関して言うと、

ちょっと裏?がありそうです。

YouTube音楽賞のスポンサーのひとつに

韓国の車メーカー、起亜自動車があります。

 

自国の、さらに自分の会社の宣伝も兼ねて

K-POPアーティストが選ばれるのは、

このスポンサーからしても、相当美味しいですよね・・・。


今話題の韓国式90切りプログラム!!

 

この「I got・・・」の再生回数は、現時点で何と7000万回!!

オドロキの回数っ(((((;゚Д゚))))

ちょっときな臭い感じもしますが・・・

まぁ、世界中にユーザーが居るのですから、

本当に良い宣伝ですねwww

 

この「I got a boy」。

スポンサー絡みであってもなくても、

曲としても、高い評価を受けています

アメリカのビルボード誌は

「5つの異なる音楽を組み合わせた、

世界で最も先進的なポップシングルだ。」

としています!

プロデューサーも欧米から招いており

ミュージシャンも欧米。

 

maxresdefault

 

 

彼女達らしい息の合ったキレのあるダンスで、

コミカルな動きや、ハングルラップに乗せた

細かい動きから、一糸乱れぬベリーダンスのような動き・・・

 

 

とにかく、目まぐるしいです・・・(^_^;)

自分は観ていて

ちょっと疲れてしまいましたがwww

 

みなさんはどう思いますか?

 

ちなみに、少女時代のユナ。

彼女は相変わらずカワイイ・・・キレイ・・・

女神です。ハイ・・・

 

20121229-5

 

今や、K-POPは日本を超えて世界に届いています。

これは日本のアーティストもうかうかしてられませんよ!

日本も国のバックアップで、

アニメや声優、ファッション系コンテンツの輸出を

もっと進めればいいんでしょうけどね・・・。

 

国のバックがある韓国の方は

まだまだ伸びそうです。

なにせ韓国政府が今年から3倍の予算をコンテンツ産業に

充てていますから。

 

今後もK-POPから目が離せない!?

 

コチラの記事もあわせてどうぞ!