ランボルギーニの新車、

「ヴェネーノ ロードスター」が発表されました!!!!

その洗練された未来系のスタイル

まさにランボルギーニであり、

もはや他の車メーカーの追随を許さない、

“別格中の別格”

と言っても過言ではないでしょう・・・!!

どんな車なのか、

ちょっと興味ありませんか?

見てみましょう!!

 

20131021-lamborghini

 

創立50周年を迎えるランボルギーニ社。

言わずと知れた世界に誇る高級スーパーカーメーカーです。

イタリアにあり、

あのフェラーリとは直線距離で20kmしか離れてないんだとか

 

創設者はフェルッチオ・ランボルギーニさん。

元々、トラックの製造から始まったランボルギーニ社。

しばらくトラックやトラクターの製造に取り組み、成功を収めます。

 

img_615991_22195970_2

 

そして巨万の富を得たフェルッチオさんは、

スポーツカーを収集します。

整備士としても優秀だったフェルッチオさん。

フェラーリに乗ってみて、そのクラッチの脆さが気に入らず、

思わずクラッチを分解!!www

すると、

自社のトラクターと同じ会社のクラッチが使われていることに愕然

しかもそのクラッチに10倍の値段をつけていたフェラーリ。

 

これは儲かると思ったと同時に、

自分でクラッチを強化し、さらにエンジンも改造。

ソコラ辺のフェラーリは全てカモにしちゃうくらいの凄い

改造マシンを作ったそうです!

 

一説には、フェラーリに改善提案書を送ったところ、

丁重にお断りされ、

それが契機となって、自分で車を作る会社を立ち上げた

んだとかwww

今のスーパーカーメーカーとしての

ランボルギーニの誕生です!


駐車上手く出来なきゃランボルギーニどころか軽にも乗れない!?かんたん駐車マニュアル

 

それから、50年。

ランボルギーニ ミウラ 

ランボルギーニ カウンタック

 

WolfCountach-11

 

 

lamb_count

 

 

・・・・ディアブロ、ガヤルド、アヴェンタドール・・・・

どれもこれも、一度は乗ってみたい名車揃いです(>_<)

 

ここで、やっと本題に入りますね(๑≧౪≦)

今回、発表されたヴェネーノ

今年の春頃、既にクーペタイプは発売されています。

今回はロードスター、つまりオープンカーバージョン

発売なんですね!

 

なにが、話題になってるって、

そのスタイル!

 

20131021-lamborghini-veneno-roadster

 

 

どこの戦闘機ですかっ!?って感じです。

そして、気になる価格はというと、

4億4千万円!!!!

 

20131021-lamborghini-veneno-roadster-03

 

まぁ、前述したクーペバージョンが4億でしたからね・・・

4億出せる人には、4千万高いくらいはどってことないか

 

搭載されるエンジンは6.5L、12気筒のV型エンジンです。

100キロまでの加速は2.9秒!!!!

最高速355キロ!!!!

ちなみに日本が誇るNISSAN GT-Rでも318キロだそう。

まぁ、価格が全然違いますが・・・。

 

さて、そんなヴェネーノ。

どんな人が買うんでしょうかね。

クーペの方は3台のみの販売だったんですが、

全てアメリカの黒人が購入したんだとか!

ウィルスミスかな・・・(^-^)

 

乗りたくても乗れない。

まさに夢じゃないと乗れない車ですかね。

一度は乗ってみたいなぁ・・・

 

コチラの記事もあわせてどうぞ!

    None Found