前橋育英が横浜高校を下し、ベスト8進出です

 

父親が監督という、荒井海斗選手。

群馬県・前橋東中出身のご存知、前橋育英のキャプテンです。

 

4ecd1da49c4fdc5ece7a98e3c40c7c85

 

小学校に上がる前から、父が指導している部の

練習を見て育ち、父の背中を追いかけてきた荒井選手。

小学校2年から野球を始め、

その当時から「夢は甲子園」と語っていた。

高校では1年からレギュラー。

「父を甲子園に連れて行く」こう公言していた。

初めは父と同じ野球部に入ることに不安もあったというが

逆に前橋育英以外も考えられなかった。

 

その荒井キャプテンの夢が今、花開いている。

 

夏初出場の前橋育英は、強豪横浜を7-1で破った。

ホームランにスクイズと、大技・小技を巧みに合わせ

更に1・2回戦完封勝利の長身右腕高橋選手の投球も光った。

春夏合わせて5回の優勝経験を持つ横浜高校に

対して、物おじせず、まさに試合巧者ぶりを発揮していた。

甲子園初勝利から、初のベスト8進出となった。

このまま、初ずくしがどこまで続くのか。

注目校の一つであることは間違いない。

 

次戦は準々決勝第3試合で常総学院と対決する

 

コチラの記事もあわせてどうぞ!

    None Found