今、話題の“ヒッグス粒子”って何なんでしょう!?

わかりやすい解説を探してみました!

 

スウェーデン王立科学アカデミーは2013年のノーベル物理学賞

物質に重さを与えるという“ヒッグス粒子”の存在を理論的に

予言したイギリスのエジンバラ大のピーター・ヒッグス教授(84歳)らに

授与することを発表しました!!

 

WS000005

 

そんな“ヒッグス粒子”とは一体どんなものなのか?

ちょっと調べてみました!

 

物理学の世界には17種類の素粒子があるとされています。

しかしひとつだけ見つかっていないものがあります。

それが“ヒッグス粒子”です。

これはヒッグス教授が、

「この粒子がもしもあれば、色々なことに説明が付くので

あるということにしましょう」

と言いました。

 

そもそも「素粒子」とは?

様々な物質、プラスチックやFRP、鉄などなど

の物質を分解して分解して・・・

これ以上分解できなくなったもの・・・それが素粒子です。

 

WS000006

 

まぁ、今回の受賞は、

このヒッグス粒子のその存在が、

要は仮説であったものが

実証されたっていうことですね。

 

WS000007

 

こんな大掛かりな所で実験しているみたいですwww↑

 

じゃ、何かこれでこの世界が変わるのか?

自分達の生活に何か変化があるのか?

 

「何も変わらない」

 

みたいです・・・www

ただ、

あるかも⇒ある

に変わっただけ(^_^;)

 

ただのエネルギーだった素粒子が

物質へと変化したのは、このヒッグス粒子があったから。

この世にある全ての物質、

あなたが今持っている携帯も、みているテレビも

何もかもです。


自分のスキルを上げていこう!!ノーベル賞に負けるとも劣らない自分を見つける!!企業心理士養成講座

 

「ふ~ん」

って感じですよね?自分もですwww

もっとわかりやすい解説あったら、

また載せてみますね

コチラの記事もあわせてどうぞ!

    None Found