何度思い返しても、衝撃的なラストでしたよね

・・・小栗旬さん主演

「BORDER」ボーダー!!

 

WS001788

 

何でも、視聴率は右肩上がりに伸びていき、

裏番組の同じく刑事もので話題になっていた「MOZU」

超える勢いとなっていました。

そんなBORDERの最終回が6月5日に放送となった

わけですが、その気になる視聴率ってどうだったんでしょうか!?

 

WS001789

 

小栗旬さん(31)主演

テレビ朝日系連続ドラマ「BORDER」が

6月5日に最終回を迎え、

視聴率が14・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

だったことが6日分かりました。

全9話の平均は12・2%でした。

これまでの視聴率の推移というと・・・

初回9・7%

第2話9・7%とスタート当初は1ケタだったのですが、

その後は第3話10・1%

第4話12・0%

第5話13・1%

第6話11・6%

第7話16・7%

第8話は12・8%を記録、

作品の評価とともに徐々に数字を上げていきました。

同作は、

「GO」や「SP 警視庁警備部警護課第四係」などの

原案・脚本を手掛けた直木賞作家の

金城一紀氏書き下ろしの刑事ドラマです。

テレビ朝日の連続ドラマは何と、今回が

初出演にして初主演の小栗さんは

“死者と対話できる”特殊能力を持つ刑事・石川を演じました。

 

殺害された被害者に直接犯人が誰かを聞ける

そのことで、まずは犯人が分かる。

それ故に石川の苦悩は大きく、

分かっていながら犯人を逮捕出来ない悔しさや

虚無感などが、入り混じり、

回を重ねるごとに徐々に疲弊していく彼の姿・・・。

とても演技うまかったです(*゚▽゚*)

本当、感情移入しながら見入ってしまいましたwww

 

最終回は、

休日のショッピングモールで

行方不明になった8歳の少年が翌朝、

遺体で発見される所から始まります。

死因は舌骨の骨折による窒息死の可能性が高く、

犯人は医学的知識を持った人間と推定され、

遺体の胸には非分泌型の唾液で

アルファベットの「A」の文字が書かれていました。

少年の霊の話から石川は

玩具会社の社員・安藤(大森南朋・42)を

犯人だと突き止めるが、安藤の犯行を裏付ける

証拠は何も見つからず…という展開に!!

 

WS001770 WS001771

 

衝撃的なエンディングを迎える最後まで

息を付かせぬ展開に本当に痺れましたね

 

「BORDER」最終回のネタバレ&レビューはコチラです!!

コチラの記事もあわせてどうぞ!