WS002280

 

HERO第1話

ネタバレ&あらすじ!!

おかえりなさい久利生検事!!

やっぱり面白かった「HERO」!?

 

WS002280

 

とある居酒屋で食事中の久利生公平(木村拓哉)。

店員に自分は引っ越してきたばかりなど久利生が話をしていると

店内で争う音が。

すると、他の店員が客に突き飛ばされて階上から落下していくる。

どうやら、客に突き飛ばされたようだ。

久利生は突き飛ばした客を追いかけ、必死の抵抗に遭いながらも

何とか取り押さえた。

 

その頃、東京地検城西支部のメンバーは、

新たに着任する検事の話題で持ち切り。

特に、事務官の麻木千佳(北川景子)は、

新任検事とコンビを組むことになっているので、

他のメンバーから注目されていた。

 

そんな朝、出庁した千佳が自分の担当する検事室に行くと、

見慣れない男が腹筋の真っ最中。

唖然としてドアを閉め、フリースペースに戻った千佳に、

川尻健三郎検事部長(松重豊)が

新任検事の名前が分かったと伝える。

その名こそ久利生公平

 

この名前、いや本人をよく知る事務官の遠藤堅司(八嶋智人)、

末次隆之(小日向文世)は驚きの反応。

すると、部屋から当の久利生が出てきた。

検事の田村雅史(杉本哲太)ら久利生を知らない検事たちは

そのジーパン姿に呆然・・・。

これからコンビを組む千佳は軽いめまいを感じる・・・。

 

WS002281

 

着任したばかりの久利生は、早速取り調べを開始。

最初の被疑者は大西祐二(森山直太朗)。

先日、久利生自ら取り押さえた男。

だが、大西の指紋が15年前の宝石強盗犯人のものと一致

しかも、時効成立は3日後に迫っていた。

大西は強盗事件への関与を否定するが・・・。

久利生は起訴の前に自分で捜査を開始。

周囲は何故起訴しないのか、その久利生の行動に

ハラハラしつつも、止められず・・・。

 

WS002282 WS002284 WS002283

 

待ちきれない川尻部長は、とうとう担当検事を

他の検事に変更してしまう。

それを素直に受け入れる久利生。

そんな久利生に麻木はイライラを隠せず。

「あんた」「・・・じゃん」

「ジーパンで仕事する人間はやっぱり中身も一緒」

などなど久利生を責めるような言動。

 

WS002285 WS002286

 

久利生はマイペースに、最初の大西の居酒屋での

傷害容疑を現場を回りながら調べ直す。

 

WS002287

 

そんな中、時効成立を目前にむかえ、マスコミも

徐々にヒートアップ。

久利生はお構いなしに

あのマスターとの再開を祝したりしていたw

 

WS002288

 

担当検事が変わっても、結局証拠不十分、

大西の言動に左右され、中々起訴できない東京地検。

 

WS002289 WS002290 WS002291 WS002292

 

翌朝も居酒屋で何かを調べる久利生。

宝石強盗の犯人が乗っていたという、腹に響く音のバイク。

それが、階段から突き落とされた店員のものだった・・・!?

しかも、大西とその店員は同郷の広島・・・!?

 

 

全てが繋がった瞬間!!

どういうことなのか?真実は!?

 

 

「実行犯をバイクで逃がす共犯者。」


宝石強盗事件の犯人は2人であった。

15年の時効を善良な市民を装って待つという計画であったが、

居酒屋店員が裏切り。

それに気づいた大西が居酒屋で掴みかかる。

傷害事件という大事になってしまったのは不本意だった。

そこで2人は他人を装ったが、

久利生検事に全て解き明かされてしまった・・・。

 

WS002293 WS002294 WS002295

 

時効まであと5分

しかも起訴状を運ぶのは末次!!www

それを皆でテレビ中継で見守るwww

ギリギリで起訴!!

 

WS002297 WS002296

 

 

計画が直前で破綻し、うなだれる大西。

それでも「僕じゃない・・・」

 

WS002298

 

なんていう大西に麻木事務官の

「いいかげんにしな!!」

これがまたコワイ・・・www

 

WS002299

 

解決した一連の事件。

麻木は、今回の解決を「ラッキーだった」と

表する久利生を心のどこかで認めだす。

 

WS002300 WS002301

 

そして、雨宮事務官との過去を切り出す。

「全てがうまくいくはずないでしょ・・・」

そう言いつつ、テレビの通販に電話をかける久利生。

「買っちゃうの!?」

そんな麻木とのやり取りで第1話は終了!!

 

WS002302

 

いやぁ、久々のHERO。

この独特の掛け合いがやっぱり面白い(=^▽^=)

木村拓哉さんの演じる中でも、

その「素」に一番近そうな久利生公平。

自然で、魅力溢れる演技に引き込まれます。

脇を固めるキャストのコミカルさも普遍。

今後も期待大のドラマですね!!

 

また、児玉清さん演じた

鍋島次席検事も亡くなった設定になっており、

木村拓哉さん演じる久利生検事を、その鍋島さんが気に入っていた

という話を現次席検事の角野卓造さん演じる牛丸検事が語る・・・。

そんな場面が出てきました。

そして、最後のスタッフロールには、

児玉さんの名前が!!

 

WS002305 WS002306

 

ちょっと感動的な話ですよね。

これからも色々な話題を提供してくれそうですwww

 

 

ドラマ